石川県学童野球連盟|オフィシャルサイト

熱い戦いでの一球一打が成長の証。学童野球を通じて心身の育成を。

ホーム ≫ 連盟概要 ≫

連盟概要

会長挨拶

石川県学童野球連盟・宮地 治会長

学童期(小学生の時期)においてスポーツ活動は、心と身体を健全に発達させるものだと思います。また、子供達が生涯を通じてスポーツを楽しむ基礎となるものだとも思っています。その大切な発達期の一翼を担っているのが学童野球なのです。

コロナ禍の影響により、人と人が接する機会が減った近年においてスポーツの持つ役割が更に重要になりました。学童野球が生涯スポーツの出発点となる様に、保護者・指導者・支援者・連盟関係者が共に手を携え、選手が伸び伸びと野球に取り組める環境を整えていきたいと考えています。 これからも、学童野球への変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会長 宮地 治

理事長挨拶

石川県学童野球連盟・滝町 利治理事長
「野球の楽しさを発信します。」

めざましく多様化する近年のスポーツ環境の中で、学童野球の楽しさをより多くの方々に知っていただこうと「デジタル部」を立ち上げ、時代に見合うホームページへ刷新いたしました。今後は、このホームページを通じて沢山の情報発信をしていきたいと考えています。

「女子学童野球をみんなでもりあげよう!」

石川県学童野球連盟には「輝プリンセス」という女子チームがあります。各チームの女子選手が希望すれば誰でも入れます。 令和4年(2022年)7月〜8月には、能登・金沢・野々市を中心にNPBガールズトーナメント全国大会が開催されます。今後3年間の開催を予定しています。ぜひチームの一員となって全国大会に出場してください。

「選手ファースト」を指導の基本におきます。

公認コーチ資格制度の実施が2024年度(令和6年度)から本格的実施となります。これは、学童を指導する方が取得する資格です。石川県学童野球連盟は石川県野球協会と連携し、これまでに3回の資格取得講習会を行ってきました。この取り組みにより資格を持つ意義が浸透してまいりました。今後も選手ファーストの視点からハラスメント根絶に向けては厳しく対処していきます。

 

石川県学童野球連盟は、「全日本軟式野球連盟」そして「石川県野球協会」に所属する団体の一員として、今後も石川県の学童野球の普及に努めてまいります。

理事長 滝町 利治

2022年度 組織・役員体制

今年度組織・役員(PDF)

2022年度事業計画

今年度事業計画(PDF)

沿革

1989年 石川県学童野球連盟 発足
2010年 連盟創立20周年
2016年 連盟公式サイト運用開始
2020年 連盟創立30周年
2022年 連盟公式サイトをリニューアル

お問い合わせはこちら